茨城映画センターは映画教室、PTA映画会から会館主催事業、自主上映会のプロモーション、35mm・16mm・デジタル出張映写までお任せください。

qrcode.png
http://www.ibaraki-eiga.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社茨城映画センター
〒310-0064
茨城県水戸市栄町1-10-13
事務所営業日
平日 10:00~18:00
※上映会等で事務所が留守になることがあります。
TEL:029-226-3156
FAX:029-226-3130
Google

WWW を検索
www.ibaraki-eiga.co.jp を検索
 
 
 

茨城映画センターからのお知らせ

茨城映画センターからのお知らせ
2
 
ドキュメンタリー映画『追憶』上映決定!
2017-06-14
 
 天皇皇后両陛下のパラオ共和国ペリリュー島戦没者追悼から2年――
ペリリュー島の戦いを描く映画、漫画の共同企画が今夏始動! 
 
 
映画『スノーデン』上映の主催者を募集しています。
2017-05-23
 「共謀罪」法案が緊迫する中で監視社会を考える企画として映画スノーデンを紹介しています。米国家安全保障局(NSA)の国際的な機密情報収集、監視の実態を内部告発した元NSA契約職員エドワード・スノーデンを描いたオリバー・ストーン監督の話題作!
 ぜひ、地元の市町村での上映会を開いてみませんか?
 
 
憲法施行70周年記念特集
2017-05-10
 憲法施行60周年を記念して、作成された映画『日本の青空』。この映画は戦後、今の日本国憲法の草案である「憲法改正草案要綱」がどういう経緯でGHQと当時の日本政府により、出来上がっていったのかを、当時の資料を検証して忠実に再現された映画です。
 今の日本国憲法はGHQが一から考え提案されたものではなく、日本の民間人による「憲法研究会」が作成した憲法草案が、GHQ案の手本になっていたという事実がありました。
 憲法施行70年を迎え、憲法改正の声が高まっている今、現在の憲法についてもう一度よく考えなくてはいけないのではないかと思います。その方法の一つとして、この映画の上映会を開いてみませんか?
 
チャップリン作品が上映解禁になりました。
2016-10-24
 
悠悠映画塾始まりました!!
2016-03-16
 茨城映画センターでは、創立以来40年、茨城の映画館では公開されない作品や独立プロダクションでの自主制作作品の配給・上映、劇場公開された作品でも、もう一度ご紹介したい作品を選んでの上映会を企画してまいりました。
 そうした中で、映画を楽しみにされている多くの方々との出会いがあり、「よかった。次も楽しみにしている。」「次はいつやるのか」「次の案内も送って欲しい」等々の声をたくさんかけていただきました。
 今回、そうした映画を愛する皆様の声にお応えする形で、茨城映画センターならではの視点と、皆様のご要望も踏まえて、多様な作品を選んで、月1回を目安として「悠悠映画塾」の名で自主上映会を開催する事にいたしました。
 「悠悠映画塾」は、2016年3月16日(水)『ザ・スター 美空ひばり~大人の音楽祭~』シネマライブで幕を開けます!
 今後ともご案内させていただきますので、お心に止まった作品の上映の際には、なにとぞご来場いただきまして、映画をお楽しみいただきますようお願い申し上げます。
  ※詳細は、上映スケジュールをご確認ください。
 
スマートフォンでの閲覧にも対応しています!
2015-12-25
このたび、有限会社茨城映画センターのホームページをリニューアルいたしました。
みなさまのお役に立てるよう、タイムリーな情報発信を心がけてまいりますので、今後とも≪有限会社茨城映画センター≫のホームページをどうぞよろしくお願いいたします。
2
<<有限会社茨城映画センター>> 〒310-0064 茨城県水戸市栄町1-10-13 TEL:029-226-3156 FAX:029-226-3130